失敗を恐れるのは御法度|アパート経営は一括借り上げで成功

レディー

早いうちに取り組もう

建物

老後に備えておこう

老後の生活に不安を抱えている人も少なくありません。このような人たちは早くから資産運用を始めています。資産運用をするメリットは、投資家本人が働くことができなくなっても、収入を確保できている点にあります。会社を定年で辞めた後、仕事を見つけようとしてもなかなか見つかるものではありません。このような時期に給料とは別の収入を作っておけば、定年を迎えた時でも焦ることもありません。資産運用の対象として、ここ数年、注目を浴びているものが投資用マンションです。毎月安定した家賃収入を確保することができ、そのうえ、資産性も失われることはありません。投資用マンションは資産運用の初心者でも扱いやすい投資商品と言うことができます。

1万円の負担で充分です

投資用マンションというと、1000万円から2000万円のお金を用意しなければならない投資と考えている人もいます。しかし、実際には、1000万円単位のまとまったお金を用意しなくても、投資用マンションを購入することができます。なぜならば、投資用マンションを買う際にはローンを組むことができるからです。仮に、今の家賃相場と投資用マンションの販売価格であれば、毎月1万円程度の自己負担で、20年から30年後には投資用マンションを保有することができます。若いうちに投資用マンションを購入して資産運用を始めていれば、老後には十分に間に合います。もちろん、頭金を増やしたり、繰上げ返済をしたりしてローン金額を抑えれば、もっと早く投資用マンションが自分のものになります。